衣装着人形と木目込人形

女の子

豪華さかかわいらしさか

孫が初めての桃の節句を迎えるとき、祖父母からすると雛人形を贈りたいと考えるかもしれません。一般的な風習としては母方の祖父母が贈ることが多いようですが、最近は少し様子が変わっています。父方も贈りたいと考えている人が多く、重ならないように話し合って決めることもありますし、両家でお金を出し合って共同で購入して送ることもあるようです。せっかくのお祝い事なので、誰もが丸く収まるように物事を進めると良いでしょう。いざ雛人形を購入しようとするとき、人形店に行くといくつかのタイプがあるかもしれません。非常に豪華なタイプもあれば、少しかわいらしさのある雛人形もあります。実はそれぞれ製法が異なる雛人形である可能性があります。豪華なタイプはよくある製法で、衣装着人形と言います。人の形をした人形に、実際に人間が着るように着物を着せていって作り上げていきます。衣装も豪華なものが多いので、見た目にも豪華になりやすいようです。かわいらしいタイプとしては木目込人形と呼ばれるタイプになります。こちらは人の形をした木型などに衣装の布を押し込んでいくタイプになります。どちらかといえばシンプルで、かわいらしい見た目になります。祖父母からすると、本格的で豪華なものを贈りたい気持ちもあるでしょうし、かわいい孫に似たかわいらしさが感じられる人形を贈りたいと思うときもあるでしょう。一応孫の親、つまり子供夫婦に相談をして決めると良いかもしれません。