京雛と関東雛

雛人形

どの地域に住んでいるか

結婚をして独立をするとき、かつては田舎から都市部に出る人が多かったとされます。ですから生まれ故郷である田舎が離れていて、里帰りが大変になる人もいたでしょう。今は世代が徐々に変わってきて、都市部で育った人がその近くの都市部で住むことも多いです。高齢の親の近くで住みたいと考える人もいるようで、田舎にいる両親を近くに呼び寄せて住むときもあります。互いに近くに住んでいれば、それぞれの慣習などが分かりやすいかもしれません。しかし離れて暮らしていると、親子でもそれぞれどんな風習があるのかわからないときもあります。雛人形といえば孫に対して祖父母が贈ることが多いです。祖父母が選んで孫のいる自宅に贈るのでしょうが、その時に気をつけたいことがあります。それは雛人形には京雛と関東雛があることです。京雛は主に関西から西日本で飾られることが多い雛人形になります。関東雛は関東地方から東で飾られることが多いタイプで、両者では一定の差があります。京雛は目が細めで昔風の美人になります。向かって右側にお殿様が座る形になります。一方関東雛の雛人形は現代に近い目鼻立ちがはっきりしたタイプになります。向かって左にお殿様が座る形です。関東地方だから関東雛が良くて京雛は良くないわけではありません。ただ近所の人たちを呼んで何らかの会を開いたとき、違う地域のものが飾られていると違和感を感じる人もいるかもしれません。それぞれの地域で飾られやすいタイプを贈るようにすると良いでしょう。

男の子

物を運ぶ以外の役割

ランドセルは家と学校の間で教科書などを持ち運ぶだけが役割ではなく、ドライバーに小学生がいることを伝えたり、転倒した時のクッションになるなど安全面でも貢献しています。物の出し入れがしやすく注意力がない男の子でも自分で学校の準備をしやすくなっています。

詳しく見る

女の子

素材別の特徴

ランドセルに使われている素材は3種類に分かれていて、現在のランドセルの7割以上は軽くて近年耐久性があがった合成皮革で作られています。牛革やコードバンの天然皮革にも根強い人気があり、滑らかな輝きがあり高級感があることが人気の理由になっています。

詳しく見る

ランドセル

選ぶときのポイント

いろいろな種類のあるランドセルの中から最適のものを選ぶポイントは、重量と素材を考えて選ぶとよいでしょう。ランドセルそのものの重さだけでなく背負ったときに感じる重さを実際に確認するようにします。通学時間が長い子供には人工皮革のランドセルが軽量化されているので人気になっています。

詳しく見る

赤ちゃん用品

ギフトサイトを参考にする

出産内祝いの品選びに悩む場合にはギフトサイトを活用しましょう。ギフトサイトには目的ごとに合う品物を提案しており、そこから贈る手配もできるようになっていて便利です。あわせて口コミ評判も参考にしてみましょう。

詳しく見る

女の子

衣装着人形と木目込人形

雛人形の基礎知識として、製法が異なるものがあります。一般的には衣装着人形と呼ばれ、一般的に見かけるタイプになります。豪華な印象があります。それ以外に木目込人形があり、シンプルでかわいらしい印象の人形になります。

詳しく見る